台風去りし、秋晴れの13日

1日だけの開催となりましたが、バラ祭が開催されました。

少しひんやりした秋風が心地よい、やわらかな秋の日差し。

お若いファミリー、小さな子どもたちから大人まで、みんなが心地よく集う靭公園の魅力そのままの、品の良い優しい、そして穏やかなバラ祭でした。

プールプルローズでは、グッズの販売とワークショップで参加。


その中で感じたこと☆

 ・この地球上で、まだ出会ったことのない方と出会える尊さ。
 ・ご縁あってお話する時間の楽しさ。  
 ・楽しく行き来される方々からいただく心地よさ。

出店してよかったです。
皆さま、ありがとうございました。

そして、嬉しかったこと☆

『手のひらサイズの作品作り』ワークショップの良さを、私自身改めて感じることができました。

小さな子どもたちも大人の方に混じって「やってみたい!!」と感じてくれたことです。

 もともと、私が作成する絵柄は、大人も子どもも区別のない世界で描いています。

でも、

もしかすると、細かな線は、子どもたちにとっては色を塗りにくいかもしれません。

でも、

細やかな線に触れる機会になるかもしれません。

 

大人が判断するのではなく、子どもが判断する。

 

更に発展して考えると、、、

 

大人であること、子どもであることに関係なく、1人の人間が、判断する。

 

細やかな線が苦手な方は、大人の方の中にもいらっしゃいます。

 

こちらの3点は、ワークショップに参加された方の作品です。

いかがですか。
どれも素敵な作品に出来あがっていますね。

実はこの作品は、1年生さん、もうすぐ5歳の女の子、4年生さんの3人の子どもたちのものです。

 

さあ、どのように感じていただけましたか。

子どもたちもできるのです!!

 

手のひらサイズの小さな絵柄。
その絵柄に集中力を持って塗りたい色を混ぜ合わせて作り、工夫を凝らして彩色してあります。

 

楽しかったのです!!!

楽しいから生まれるもの。 

①集中力
②創造性
③積極性  

これらの力が大活躍した訳です。

 

最後まで集中力が切れることなく仕上げてくれました。
すご~~~い!!!

大人の方々もご参加ありがとうございました!!!!!

 

大人も子どもも区別しないスタンスはそのままに、

でも、子どもたちが参加するのであれば、スタッフの数を増やしたり描画材への配慮など、より参加しやすく、楽しいワークショップとなるように工夫を凝らして来年のバラ祭では、出店したいなと思っています♫

これからもプールプルローズをよろしくお願いいたします。