古の色のルール

古(いにしえ)の色のルールをご存知ですか?

基本となる色は、緑(ろく)朱(しゅ)群青(ぐんじょう)丹(に)臙脂(えんじ)の五色が基本です。

色の組み合わせは、緑には臙脂、群青には丹のように補色関係で使われています。

秋は、日本の四季の中でも情緒豊かな色彩に恵まれる時期。

古の色彩を想像しながら歴史の散歩などいかがですか。